映像作品のみの鑑賞となる形での事業は本事業の対象外です。映像作品を活用した実演作品であれば対象内です。